ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の判決シリーズ!

商標の判決シリーズ!

story_01

もくじ

「あずきバー」事件

「あずきバー」の商標登録を認めないとした特許庁審決が取消された事件です。

原告は井村屋グループ株式会社。商標は標準文字の「あずきバー」、商品は「あずきを加味してなる菓子」です。

審判では、「あずきバー」を「あずきを原材料とする棒状のアイス菓子」に使用しても、商品の品質等を普通に表すもののみからなる商標に該当する、「あずきバー」が使用された結果、需要者が原告の商品であることを認識することができるに至ったものとは認められない、等の理由により、登録が認められませんでした。

商標法では、商品の品質等を普通に表すもののみからなる商標は登録できないとしていますが、使用された結果、何人かの業務にかかる商品であることが認識できるようになったものについては、商標登録を受けることができるとしています。

この訴訟では、「あずきバー」の文字自体は、商品の品質等を普通に表したものと判断されましたが、「あずきバー」は使用により高い知名度を獲得しており、需要者が何人かの業務にかかる商品であることが認識できるようになったものであると判断されました。

これについて、特許庁が主張したのは以下の点です。

・出願した商標は標準文字の商標なのに、使用している商標はロゴ書体等(ご参考http://www.imuraya.co.jp/goods/ice/index.html)のため、同一の商標を使用しているとはいえない

・指定商品は「あずきを加味してなる菓子」なのに、使用しているのは「あずきを原材料とする棒状のアイス菓子」のため、同一の商品とはいえない

つまり、出願商標と使用商標、出願した商品と使用している商品
どちらも同一でなければ、商標登録は認められない、との主張です。

これに対し、裁判官は次のように認定しました。
・本願商標は販売開始時以来、取引書類等で全国的に使用されてきた
・本件商品は、アイス菓子ではあるものの、「あずきを加味してなる菓子」であることに変わりはない

つまり、出願商標と使用商標、出願した商品と使用している商品
どちらも同一であるといえる、としました。

井村屋は、この判決により、「文字の書体や態様を特別に限定しない広い範囲の権利が認められる道が開かれた」とし、今後とも、「「あずきバー」商標を大切に育てていきたい」としています(井村屋ニュースリリースより抜粋)。

判決全文は→こちらhttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130128124328.pdf

お問合せはこちら

「ローズオニールキューピー」事件

登録商標「ローズオニールキューピー」(「宿泊施設の提供,飲食物の提供,動物の宿泊施設の提供,保育所における乳幼児の保育,高齢者用入所施設の提供(介護を伴うものを除く。),展示施設の貸与」)に対し、キユーピー株式会社が、同社の登録商標「キューピー」等に類似するとして登録の無効を求めた事件です。

みなさんは「ローズオニールキューピー」と「キューピー」、似ていると思われますか?
そもそも、商標が似ているかどうかは、どうやって判断されるのでしょうか?

商標が似ているかどうかは、見た目、読み方、意味合い(外観、称呼、観念といいます)を総合的にみて判断されます。

今回の事件では、特許庁は「ローズオニールキューピー」と「キューピー」とでは、外観、称呼、観念すべて違うから似ていない、と判断しましたが、裁判所は、キユーピー株式会社の商標「キューピー」等は「飲食物の提供」の分野で著名であるから、「ローズオニールキューピー」をそのサービスに使用した場合には「キューピー」との称呼、キューピーのキャラクターとの観念を生じる、したがって両者は類似すると判断しました。

つまり、「飲食物の提供」の分野では「キューピー」ブランドが有名であるため、「ローズオニールキューピー」を見聞きした消費者が「キューピー」の部分だけに着目する可能性がある。だから「キューピー」に類似するとの判断です。

このように、その商品・サービス分野において有名な商標を含む商標は、(有名な商標に乗っかろうとする意図のあるなしに関わらず、)その有名な商標に類似すると判断される可能性があります。
商品やサービスの名称を考える際には、その点注意が必要です。
 例)化粧品について「ラブロレアル」と「ロレアル」は類似
   かばん類について「PAOLOGUCCi」と「GUCCI」は類似

ちなみに、「ローズオニールキューピー」の商標権者は、日本を中心にローズオニールキューピーのライセンス活動を行っている「株式会社ローズオニールキューピー・インターナショナル」の代表取締役。キューピーのイラストとキューピー(KEWPIE)という名前は、もともと米国人女流画家ローズ・オニールが創作したものだそうです。

判決全文は→こちらhttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130327141625.pdf

お問合せはこちら

「MOKUMEGANEKOUBOU」事件

「MOKUMEGANEKOUBOU」(商品又はサービス:身飾品、身飾品の加工等)の商標登録が認められなかった事件です。

「木目金(杢目金)」ってご存知でしたか?
「金・銀・赤銅など色の違う金属を重ね合わせて鍛え,木目状の模様を打ち出す技法。また,それによる製品…」(大辞泉)なんだそうです。木目金のジュエリー類はとても素敵で目を奪われてしまいます!

判決では、「MOKUMEGANEKOUBOU」は、その商品またはサービスとの関係で「木目金・杢目金(色の異なる金属を幾重にも重ね合わせたものを彫って鍛えた金属工芸品)の仕事場」を想起させるため、需要者が何人かの業務にかかる商品又は役務であることを認識することができない商標に該当すると判断されました。

いいかえますと、「MOKUMEGANEKOUBOU」の文字に接した消費者は、「木目金(杢目金)工房」→「木目金(杢目金)の仕事場」=商品又はサービスの内容を説明する言葉、と理解してしまい、誰かの商品やサービスを販売するための商標であるとは認識できない。だから商標登録できない、との判断です。

判決では、ウェブサイトで「木目金」や「MOKUMEGANE」の使用例が複数あることも考慮されたようです。

「木目金工房」を欧文字の「MOKUMEGANEKOUBOU」とした場合、少し特徴的になるから「木目金工房」はだめでも「MOKUMEGANEKOUBOU」ならいけるかな?とも思えそうです。しかし、欧文字で表したものであっても、もともとの意味を理解させるようなものですと、やはり商標登録は難しくなります。

商標登録を意識されるのであれば、ネーミングにもうひとひねり必要なようです。
でもそのひとひねり。競合との差別化に一役かってくれるかもしれません。

判決全文は→こちらhttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130425135548.pdf

お問合せはこちら

「VANSPORTS」事件

商標権者が商標権を侵害された場合、裁判所に訴えを提起することで、それによって被った損害の賠償を求めることができます。

損害額を証明するのは商標権者側となりますが、商標権侵害の場合、その損害額の立証が難しいため、商標法に損害額の算定規定がもうけられています。

その算定方法の一つに、その商標の使用料相当額を損害の賠償として請求することができる、という規定があります。

今回は、その使用料相当額について争われた事件です。

被告は、実施料率は2%が相当である旨主張しましたが、
裁判所は、原告が被告以外の第三者との間で本件商標の実施料率を5%とする使用許諾契約を締結していることを参酌し、実施料率は5%が相当であるとしました。

商標権の損害賠償請求訴訟において認定された実施料率は、1%未満から10%にいたるまで、幅広い例がありますが、

この算定規定に基づく損害額は低廉であることが多いため、訴訟では、他の算定規定が認められなかった場合の予備的な請求として主張されるケースがよく見られます。

今回は、平成24年1月21日から6月30日の原告商品の売上が57万2916円、
損害額は2万8645円と認定されました(572,916×0.05≒28,645(1円未満切捨て))。

判決全文は→こちらhttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130603094941.pdf

お問合せはこちら

「KUmA」事件

みなさんは、この2つの商標をみてどう思われますか?
KUmA
今回ご紹介するのは、「洋服」他を指定商品とする上記登録商標(左)が、
プーマ社が請求した無効審判により無効とされたため、
その取消しが求められた事件です。

今回の判決では、プーマ社の登録商標(右)と出所混同のおそれがあり、
公序良俗に反するとした無効審決が支持されました。

詳しい内容はといいますと?

本件商標をその商品について使用する場合、取引者等は、
独特な欧文字4字と熊のシルエット風図形との組合せ部分に着目し、
有名となっているプーマ社の引用商標を連想して

この商品が、被告か、被告と何らかの関係を有する者の業務に係る商品
であるかのように、出所について混同を生ずるおそれがあるといえる、

と判断されました(商標法4条1項15号該当)。

また、本件商標は、プーマ社の引用商標に化体した信用や顧客吸引力に
便乗して不当な利益を得る等の目的で、引用商標の特徴を模倣して
出願、登録を受けたもので、

商標を保護することで、商標を使用する者の業務上の信用の維持を図り、
需要者の利益を保護するという商標法の目的に反するものであり、
公正な取引秩序を乱し、商道徳に反するものというべきである、

と判断されました(商標法4条1項7号該当)。

判決全文は→こちらhttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130701091823.pdf

お問合せはこちら

「LADY GAGA」事件

今回ご紹介するのは、「レコード、音楽ファイル、録画済みビデオディスク等」の商品について「LADY GAGA」の商標登録を認めないとした特許庁の審決が、知財高裁でも支持された事件です(平成25年(行ケ)第10158号 審決取消請求事件)。

ここで問題となったのは、「レコード、音楽ファイル、録画済みビデオディスク等」の商品に「LADY GAGA」を使用した場合、それが商標として機能するかどうか、という点です。

裁判所は、

「LADY GAGA」は、アメリカ出身の女性歌手として日本を含め世界的に広く知られており、「LADY GAGA」という文字に接する者は、「LADY GAGA」という歌手名を表示したものと容易に認識することが認められる。

そうすると、本願商標を「レコード等」に使用した場合、これに接する取引者・需要者は、その商品の収録曲を歌唱する者等を表示したもの、すなわち、その商品の品質(内容)を表示したものと認識するから、本願商標は、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ない。

と判断しました。

つまり、

CDに「LADY GAGA」と書いてあると、消費者はまず「LADY GAGA」が歌っている曲が収録されているCDだ(内容表示)と思うのが普通で、「LADY GAGA」というレーベルから出されたCDだ(出所表示)とは思わない。そういうのは商標として機能するとはいえないから登録できない、との判断です。

レディー・ガガ側は、

会社名又はレーベル名として「LADY GAGA」を使用する可能性があるにもかかわらず、今現在その使用事実がないからといって、その可能性が将来もないと決めつけた上で判断した審決は誤りである等主張しましたが、認められませんでした。

ちなみに、「LADY GAGA」は、化粧品、電子出版物、アクセサリー、印刷物、バッグ、服、ファンクラブの運営・管理、ウェブサイトを通じて行う画像・映像・音声及び音楽の提供、おもちゃ等の分野では、登録が認められています(登録第5405058号、5577932号)。

判決全文は→こちらhttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20131226104413.pdf

お問合せはこちら

「PEARL/パール」事件

商標法には、商標権者等が登録商標を3年以上使用していないときは、誰でもその商標登録を取り消すことについて審判を請求できるという制度があります。

登録商標に変更を加えて使用していた場合、それは登録商標を使用していたことにはならない、と判断され、その登録が取消されてしまう可能性があります。

今回ご紹介するのは、不使用取消審判において「PEARL/パール」の使用を認めた特許庁の審決が、知財高裁において取り消された事件です(平成25年(行ケ)第10164号 審決取消請求事件)。

登録商標は、「PEARL/パール」(二段書き)(指定商品「たばこ」)。
商標権者側が使用していたのは「パールフィルター」、「PEARL FILTER」。

裁判所は、「パールフィルター」は二次的ブランド名として使用されているとしましたが、その上で、取引者及び需要者はこれを一連一体のものとして認識するものであって、「パール」のみを分離して認識するものではないと認定。

「パールフィルター」は、「PEARL/パール」と社会通念上同一の商標であるということはできず、本件商標が使用されているとは認められない、と判断しました。

今回のケースでは、登録商標「PEARL/パール」に対し、使用商標が「パール」を含む語である「パールフィルター」。「フィルター」は、「フィルター付きたばこ」との関係では、商品の品質等を表す言葉といえそうですし、「パール」を使っているようなもの、と思われるかもしれませんが、今回のケースのように、使用が認められない場合もあります。

登録した商標に変更を加えて使用される場合は、社会通念上同一と認められる範囲を超えないよう、注意が必要です。

判決全文は→こちらhttp://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20140114111651.pdf

お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識