丁寧な対応で最適な商標登録をご提案いたします

先日、「直虎」の商標登録をめぐるニュースを耳にしました。

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台となる浜松市とその商工会議所が、
「直虎」の商標登録に対し、異議を申し立てたというものです。

では、歴史上の人物名は、商標登録できるのでしょうか?

特許庁の基準では、歴史上の人物名からなる商標の審査では、
以下のような事情を総合的に勘案し、その商標を使用すること、商標登録することが、
社会公共の利益に反する場合や、社会の一般的道徳観念に反するような場合は、
登録されない場合があるとしています。

  • (1)当該歴史上の人物の周知・著名性
  • (2)当該歴史上の人物名に対する国民又は地域住民の認識
  • (3)当該歴史上の人物名の利用状況
  • (4)当該歴史上の人物名の利用状況と指定商品・役務との関係
  • (5)出願の経緯・目的・理由
  • (6)当該歴史上の人物と出願人との関係

また特に、
「歴史上の人物の名称を使用した公益的な施策等に便乗し、その遂行を阻害し、
公共的利益を損なう結果に至ることを知りながら、利益の独占を図る意図をもってした」
商標出願については、公正な競業秩序を害するものであって、
社会公共の利益に反するものであるとして、登録を認めないとしています。


つまり、歴史上の人物名についての商標は、
その人物名を一私人、一企業に独占させることが、社会公共の利益に反するような場合、
登録できないと判断されるといえます。

浜松市が異議を申し立てた「直虎」は、
長野県須坂市の醸造会社が「みそ」等について出願し、登録されたもの。

登録が認められた背景としては、
「直虎」は、「井伊直虎」のほか、須坂藩の藩主「堀直虎」としても知られており、
「直虎」といえば「井伊直虎」、として一般に広く知られているとまではいえなかった、
という事情があったように思います。

歴史上の人物名についての商標は、一律に登録されないというわけではなく、
商標の態様やその人物の有名性の程度、登録を受けようとする商品等を総合的に考慮して、
登録が認められるかどうかが判断されるといえます。

他人の氏名を含む商標は、その他人の承諾を得ていないと商標登録できないって知っていましたか?

今回は、「山岸一雄大勝軒」、「山岸一雄」という商標の登録が認められなかった事件を
ご紹介いたます(平成28年(行ケ)第10065、10066号 審決取消請求事件)。

これらの商標を出願したのは、株式会社大勝軒。特許庁の審査、審判において登録が認められなかったため、
これを不服として知財高裁で争いましたが、知財高裁でも、商標登録は認められませんでした。

登録が認められなかった理由は、商標法4条1項8号に該当するというもの。

商標法4条1項8号では、
『他人の氏名を含む商標は、その他人の承諾を得ているものを除き、商標登録できない』、
と規定されています。

これは、自らの承諾なしにその氏名、名称等を商標に使われることがない、という、
人や法人の氏名、名称等に対する人格的利益を保護するために設けられているものです
(人格権を保護するためのものですので、この「他人」は、現存する者に限られるとされています)。

株式会社大勝軒は、大勝軒の創業者として知られている山岸一雄氏の承諾のもと、
商標出願を行ったようですが、NTT東日本、西日本作成の「ハローページ」での記載を根拠に、
山岸一雄という氏名を持つものが、全国に複数生存しており、その承諾は得ていない、
として、商標法4条1項8号に該当すると判断されました。

商標法4条1項8号で登録できないとされているのは、他人の氏名だけではありません。

  • 他人の肖像、
  • 名称、
  • 著名な雅号(画家、書家などが本名以外につける名)、
  • 著名な芸名、
  • 著名な筆名(ペンネーム)、
  • 又はこれらの著名な略称を含む商標

は、その他人の承諾を得ているものを除き、商標登録できないとされています。

例えば、「HILTON’S」のように、有名な会社名の略称を含むような商標も、
この規定により、商標登録できないと判断される可能性があります。

また、自社の商号を商標出願した場合でも、同じ商号の法人が全国に複数ある場合は、
この規定により、商標登録できないとされる可能性がありますので、注意が必要です。

先日、不正に改造したiPhoneを販売したとして、商標法違反の疑いで20代の男性が逮捕されたというニュースを耳にしました。

報道によると、今回販売されたのは、いわゆる「脱獄」したiPhone。

「脱獄」とは、iPhoneのiOSを改造して機能制限を解除することで、脱獄すれば、App Storeにない非公式アプリを利用することもできるようになるとのことです。

もちろん、Apple社は「脱獄」を認めていません。

不正に改造したiPhoneでも、もともとは、アップル社から購入したものです。

ではなぜ、不正に改造したiPhoneを販売すると、商標権侵害になるのでしょうか。


商標には、同じ商標が付された商品は同じ提供元のものであるという、商品の出所を表示する機能(出所表示機能)、同じ商標が付された商品は同じ品質であることを保証する機能(品質保証機能)があります。


例えば、消費者は、スマートフォンに表示されたりんごのマークをみて、それがアップル社の商品であると理解しますし、りんごのマークが付されたスマートフォンを見れば、消費者は、あの品質の商品だな、と考えます。

今回の事件のように、りんごのマークやiPhoneの表示がついたままで、権利者の許諾を得ずに、不正に改造したiPhoneを販売することは、商標の品質保証機能を害することになりますので、商標権侵害であると判断されたものと思われます。

通常、権利者により正規のルートで販売された商品をそのまま転売する場合は、商標権侵害にはなりません。
しかし、今回の事件のように、権利者の意思に基づくことなく、もとの商品に改造を加えて販売した場合は、商標権侵害と判断される場合があります。


また、その他にも、
もとの商品に付された商標を剥奪抹消した商品(もとの商標を消した商品)を販売する行為や、
権利者の意思に基づくことなく、もとの商品を小分けにして販売するような行為は、
商標権侵害と判断される場合があります。

※「iPhone」は、Apple Inc.の商標です。

1
Dec
2016

年末年始休業のお知らせ

カテゴリー: お知らせ

平素は弊所サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、当事務所の年末年始休業は下記を予定しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。


■年末年始休業期間
2016年12月29日(木) から 2017年1月3日(火) まで
2017年1月4日(水)より 通常営業

※年末年始の休業中も、インターネットからのお申し込みは受け付けておりますが、
 12月29日以降のご連絡に対するお返事は、緊急の場合を除き、
 2017年1月4日(水)以降となる場合がございますので、
 あらかじめご了承のほどよろしくお願い申し上げます。


本年もライトハウス国際特許事務所をご利用いただき、誠にありがとうございました。
今後とも、格別のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

★☆★☆★ 新年が、皆様にとって素敵な一年になりますように ★☆★☆★


特許業務法人ライトハウス国際特許事務所

商標権は、指定した商品又は役務について、登録商標を独占的に使用できる権利です。

商標権者は、登録した商標を自分で使うこともできますし、他の企業に使ってもらうこともできます。
登録商標を他の企業に使ってもらうためには、使用許諾契約を結びます。
これが、商標のライセンスです。

商標のライセンスには、独占的なもの(専用使用権)と、非独占的なもの(通常使用権)があります。

専用使用権は、特許庁に登録しなければ、効力が生じません。
また、専用使用権を設定した場合、契約で決めた範囲内については、
商標権者でもその商標の使用ができません
ので、注意が必要です。

通常使用権は、複数の企業に使用権を許諾することができますが、
特定の企業だけに使用権を許諾することもできます(独占的通常使用権)。


商標のライセンスは、
商標権者にとっては、実施料を得てブランドを拡大することができるというメリットがありますし、
ライセンスを受ける側にとっては、既存のブランド力をもとに事業展開ができる、
といったメリットがあります。


先日、「リッツ」、「オレオ」の販売終了が話題になりましたが、
「リッツ」、「オレオ」はもともと、旧ヤマザキナビスコ社(現ヤマザキビスケット社)が、
モンデリーズ社との間で、「ナビスコ」ブランド、「リッツ」、「オレオ」等の技術および
商標のライセンス契約を結び、製造販売していたもの。

このライセンス契約が終了したため、ヤマザキビスケット社に社名を変えるとともに、
「リッツ」、「オレオ」等の製造販売を終了したようです。


「リッツ」は現在、モンデリーズ社のもとで製造販売されており、
ヤマザキビスケット社は新たに「Levain」というブランドを立ち上げ、
クラッカーの製造販売を再開しました。

ヤマザキビスケット社は「リッツ」ブランドで40年以上、クラッカーを販売してきましたが、
ライセンス契約終了にともない、新たに「Levain」というブランドを育てていくことになります。

実は、モンデリーズ社の「リッツ」と、ヤマザキビスケット社の「Levain」を食べ比べてみたの
ですが、「Levain」の方が、契約終了前の「リッツ」の味に近いように思いました。

クラッカー好きの私としては食べ比べずにはいられなかったわけですが、
自宅はクラッカーだらけになっております。

ただ、今のところ、「Levain」という名称は、
まだ「リッツ」ほど消費者に認知されていないかもしれません。


商標のライセンスは商標権者、ライセンスを受ける者、双方にとってメリットがありますが、
商標権者の方針変更等により、ライセンス契約が終了してしまう場合もあります。

ライセンスを受ける側は、ブランド名が使えなくなった場合のことも
視野に入れつつ、事業を展開していく必要があるといえます。

次のページ