ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  商標における分割出願の有効な利用について

商標における分割出願の有効な利用について

【登録までの手続きなど】

2つ以上の指定商品又は指定役務を指定した商標出願については、その出願を分割して、新たな商標出願として分割出願することができます。

商標出願の分割

例えば、「被服」と「履物」を指定商品とした出願について、「被服」をもとの出願(親出願)に残し、「履物」を新しい出願(分割出願)とすることができます。

この場合、親出願については、指定商品「被服」、「履物」のうち「履物」を削除する補正をし、分割出願については「履物」を指定商品とします。分割出願については、親出願と同じ日に出願されたものとして、審査が進められます。

分割出願の有効な利用の方法

分割出願は、複数の商品を指定商品として出願をし、一部の指定商品について拒絶理由が通知された場合などに、有効に利用できます。

例えば、「被服」と「履物」を指定商品とした出願について、審査の結果、「被服」について拒絶理由は指摘されておらず、「履物」のみが拒絶理由の対象となっていたとします。

このような場合、「被服」を親出願に残し、「履物」を分割出願とします。

審査官は、「被服」については拒絶理由がないと判断していますので、親出願については、早期に権利化をすることができます。

一方、「履物」については、分割出願において、じっくりと時間をかけて、権利化を争うことができます。

仮に、分割出願をせずに、「被服」と「履物」の両方を商標登録しようとすると、「履物」について商標登録を認めてよいと、審査官が判断するまで、「被服」についても商標登録が認められず、商標権も発生しません。

つまり、分割出願をすることで、商標登録できるところから、早めに商標登録していくことができます。

分割出願の注意点

分割出願をするときに気をつけないと、いけないことがあります。

それは、どちらの指定商品を親出願に残し、どちらの指定商品を分割出願するかということ。

上の例で、「履物」を親出願に残し、「被服」を分割出願とした場合、分割出願についての審査が開始されるまで、数か月かかることもありますから、「被服」について、すぐに商標登録が認められないこともあります。

ポイントとしては、拒絶理由の対象となっていない指定商品を親出願に残し、拒絶理由の対象となっている指定商品を分割出願とすることです。

分割出願の時期

なお、分割出願は、商標出願をしてから商標登録をしても良いという通知(登録査定)が来るまでの間であれば、いつでも行うことができます。

ですから、拒絶理由通知が届いた後であっても、拒絶査定が届くまでは、分割出願をすることが可能です。

また、拒絶査定が届いた場合は、拒絶査定不服審判を請求すれば、分割出願が可能となります。

分割出願の費用

分割出願の費用は、分割出願の指定商品・指定役務の区分の数によって、特許庁の手数料が変わります。

特許庁の手数料は、3,400円+(区分数×8,600円)で求められます。

特許事務所に手続きをご依頼される場合は、特許庁に支払う費用とは別に、特許事務所の手数料などが発生しますので、ご依頼先の特許事務所にお問合せください。

お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識