MENU

商標登録出願で弁理士をお探しならライトハウス国際特許事務所[東京・千代田区]

受付時間:平日9:00〜18:00

03-5829-8082

無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • お問い合わせ

商標登録の基礎知識

商標・役務の区分

商標権は、商標とその商標を使用する商品・サービスとの組み合わせで一つの権利となります。 ですから、商標出願をする際には、願書に、商標を記載するだけでなく、その商標を使用する商品・役務(サービス)も指定する必要があります。

 

その商品・役務を分類したものが、「区分」です。

  • 商標の区分とは

    商標権は、商標とその商標を使用する商品・サービスとの組み合わせで一つの権利となります。商標出願をする際には、願書に、商標を記載するだけでなく、その商標を使用する商品・役務(サービス)も指定する必要があります。

    解説ページ

  • 区分を調べる方法

    指定したい商品や役務がどの区分に含まれるかを調べるには、どうすればよいでしょうか。お薦めなのは、特許庁の運営するJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)の「商品・役務名検索」のページで検索する方法です。

    解説ページ

  • 類似群コードについて

    商品・役務をグルーピングして、同じグループに属する商品群・役務群を、類似する商品・役務であると推定する、という運用をしています。このグループに、数字とアルファベットからなる5桁のコードが付されており、これを類似群コードといいます。

    解説ページ

  • 類似群コードを調べる方法

    どの商品・役務が、どの類似群コードに含まれているかは、特許庁が公表している「類似商品・役務審査基準」で確認することができます。

    解説ページ

  • 「一出願多区分」の出願と「一区分毎に複数の出願」はどちらが有利か?

    平成8年の商標法の改正により、平成9年4月1日以降は、1つの出願で複数の区分を指定して、商標出願をすることができるようになりました。

    解説ページ

初めての商標登録でご不安な方も、
弊所の経験豊富な専門家が最後までサポート致します

こんなことで迷ったら、
まずはお気軽にご相談ください

  • 商標登録のメリットがわからない
  • 商標登録って、すんなり許可されるの?
  • 費用って、どれくらいかかるの?

03-5829-8082

受付時間:
平日9:00〜18:00

無料相談・お問い合わせ

PAGETOP