ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  「査定」とは?

「査定」とは?

【登録までの手続きなど】

査定とは?

査定とは、商標出願についての審査の結果を言います。
査定には、『登録査定』『拒絶査定』の2種類があります。


登録査定について

審査の結果、拒絶理由を有しないと判断された場合に、『登録査定』がだされます。

商標出願の後、拒絶理由が通知されることなく登録査定がだされる場合もあれば、拒絶理由が通知された後、出願人が意見書や手続補正書を提出することで、登録査定がだされる場合もあります。

登録査定がだされた後、30日以内に、特許庁へ登録料を納付することで、商標登録がなされます。


拒絶査定について

商標出願の後、審査により拒絶理由があると判断された場合『拒絶理由』が通知されます。

出願人は、拒絶理由が通知されてから40日以内であれば、意見書を提出することができます。

意見書の内容を考慮しても、拒絶理由が解消されないと、審査官が判断した場合は、拒絶査定がだされます。

拒絶査定がだされてから3か月以内であれば、拒絶査定不服審判を請求することができます。

審判官による審理の結果、拒絶理由を有しないと判断された場合は、拒絶査定が取り消され、登録審決がだされます。

拒絶査定がだされてから3か月以内に、拒絶査定不服審判を請求しない場合は、拒絶査定の結果が確定することになります。


お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識