ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  商標権は何年間有効ですか?

商標権は何年間有効ですか?

 【商標登録・更新について】

「商標権は何年間有効ですか?」
 よく聞かれる質問です。

商標権は半永久的に持ち続けることができる

商標権の存続期間は、商標登録の日から10年間になります。
ただし、登録日から10年を経過する前に、特許庁に更新登録料を支払えば、さらに10年間、商標権を維持することができます。

商標権の存続期間は、何度でも更新することが可能で、10年ごとに特許庁に更新登録料を納めている限り、半永久的に権利を存続させることができます。一方で、更新登録料を納付しない場合は、商標権が消滅することになります。

例えば、百貨店の高島屋さんですが、○の中に「高」の文字が入ったロゴを、見たことのある方、たくさんいらっしゃるかと思います。

このロゴが始めて商標登録されたのは1904年です。今から110年以上も前に商標登録がされていますが、21世紀になった今も、商標権として有効に登録がされています。

商標法は、商標を使用することで発生する業務上の信用を保護するものです。

商標を使用すれば使用するほど、消費者のその商標に対する信用は増加します。商標を長年使用することで発生する信用力を保護するため、商標制度では、特許等とは違って、必要な場合は存続期間を何度でも更新できるようになっています。

企業は、自社の商標を商標登録をすることで、安心して、同じ商標を使い続けることができるようになります。

ちなみに、特許は、特許庁へ出願した日から20年で、権利が消滅します。それ以上、権利を更新することはできません。

商標登録を更新するには?

商標登録を更新するためには、存続期間の満了前6ヶ月から満了の日までに、特許庁に、更新登録料を支払う必要があります。

例えば、商標登録の日が2010年4月1日だとすると、2020年4月1日が商標権の存続期間の満了日となります。その6ヶ月前の2019年10月2日から2020年4月1日までの間に、更新登録料を支払えば、さらに10年間、2030年4月1日まで商標権を維持することができます。

更新登録料の支払い手続きは、「商標権存続期間更新登録申請書」という書類を特許庁に提出することで行います。

自社で手続きをとることもできますし、特許事務所等に依頼して手続きをすることもできます。

お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識