ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  登録料の分割納付について

登録料の分割納付について

【商標登録・更新について】

特許庁での審査の結果、商標登録を認めてもよいと審査官が判断をすると、特許庁より登録査定がだされます。

登録査定が届いてから30日以内に登録料を納付することで、商標登録がされます。商標登録がされると、商標権が発生します。

商標の登録料は通常、10年分の登録料を一括で納付しますが、5年分ずつ2回に分けて納付することもできます。これが分割納付です。

分割納付は割高になるので注意!

ただし、分割納付は一括納付に比べ、割高になる点に注意が必要です。
分割納付の場合は、商標登録の際に16,400円×区分数の登録料を支払い、その5年後に16,400円×区分数の登録料をさらに支払う必要があります。

例えば、区分数が1区分の場合、商標登録の際に16,400円、その5年後に16,400円、
計32,800円を支払います。10年分の登録料を一括納付した場合は、28,200円×区分数ですので、分割納付は、一括で納付する場合と比べ、1区分あたり4,600円割高(16,400×2-28,200=4,600)となります。

また、特許事務所などに登録料の納付をご依頼される場合は、分割納付をする場合の方が手続きが増えるため、一括で納付する場合と比べて、特許事務所の手数料が割高となるのが一般的です。

登録される商標が、例えば、社名と同じもので5年以上使用する可能性が高い場合などは、分割納付をせずに一括で登録料を納付した方がよいかと思います。

登録される商標が、例えば、新規事業についての商標の場合は、5年後にその事業から撤退している可能性もありますから、分割納付をした方がよいかもしれません。

分割納付にするか、一括納付にするかは、ご予算と今後の事業展開等を踏まえて決められるとよいでしょう。

なお、商標登録の際に支払う登録料だけでなく、商標登録を更新する際に支払う登録料も分割納付が可能です。

10年分の更新登録料を一括納付した場合は、38,800円×区分数を支払いますが、分割納付の場合は、更新の際に22,600円×区分数の登録料を支払い、その5年後に22,600円×区分数の登録料をさらに支払う必要があります。

お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識