ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  弊所の強み

弊所の強み

丁寧な対応で、お客様にとって最適な商標登録をご提案いたします

商標登録できれば、何でもよい?

advantage_07
以前、とあるベンチャー企業の社長さんとお話をさせていただいたときのことです。

社長:うちは、このサービスについて、商標登録をしているので、大丈夫だよね?

その場で調べてみると、たしかに商標登録はされているのですが、その企業のメインのサービスとは、異なる役務(サービス)が指定されていました。商標登録は、指定された商品や役務について、その商標を独占的に使用できる権利ですので、この企業の商標登録は、自社サービスを十分に保護するものではありませんでした。

実は、商標登録は、単に「登録さえしていればよい」というものではないのです。どのような商品やサービスを指定して商標登録するのかが、非常に重要です。

それに、重要なのは、指定する商品やサービスだけではありません。商品やサービスのネーミングを登録するのであれば、アルファベットで登録するのか、カタカナで登録するのかで、その権利の範囲も変わってきますし、審査での商標登録の認められやすさも変わってきます。

また、商品やサービスのネーミングが入ったロゴであれば、ロゴそのもので商標登録をするのか、ネーミングで商標登録をするのか、或いは、ロゴとネーミングの両方で商標登録するのか、などもご判断いただく必要があります。

これで油断をしてはいけません。登録する商標もなんでも登録できるわけではありません。商品の品質を表すようなネーミングは、商標登録が認められませんし(例えば、菓子について「甘い」など)、類似する他社の登録商標がある場合も商標登録が認められないことがあります。

このように、商標登録をするためには、おさえておかないといけないポイントがたくさんあります。


初めての方にも分かりやすく、ご説明いたします。

企業の商標担当経験のある弁理士が、直接お話を伺います。

商標制度は、特許などと比べると一見、簡単そうなのですが、実は奥が深いものです。弊所では、特許庁へ商標出願をする際に、考えておかないといかないさまざまなポイント、

例えば、
・商標が品質などを表す言葉で、登録が認められないものではないか?
・類似する他社の登録商標がないか?
・文字で出願した方がいいのか?ロゴで出願した方がいいのか?
・指定商品や指定役務は何を選べばよいのか?

などについて、初めての方にも分かりやすい説明をきいていただきながら、ご相談いただけます。

初めてでも安心。
商標登録に必要なことは、すべて担当弁理士からお伺いします。
お客様の事業やご要望を理解したうえで、最良の方法をご提案いたします。

全国対応いたします!

商標登録のお手続きは、ご依頼から商標登録されるまで、
電話やメールのやり取りでも対応が可能です。
直接お会いしてお打合せができないお忙しい方、遠方の方であっても、問題ございません。
国内外問わず、対応可能ですので、お気軽にご相談下さい。
inquiry

事前相談と事前調査で無駄な商標出願を防ぎます

『事前相談サービス』でお客様にとって最適な商標登録を行います!

事前相談サービスで最適な商標登録を行います
ライトハウス国際特許事務所の「事前相談サービス」は、商標をどのように使用するのか、何のために商標登録したいのかなど、お客様の事業を理解したうえで、ご相談に応じながら、お客様のビジネスに最適な商標登録について、専任の担当者が一緒に考え、ご提案をいたします。
さらに、商標出願をご依頼いただいたお客様には、無料の「事前調査」でお客様の登録したいサービスについて、詳細な調査を実施し、お客様の事業の将来も見据えた商標登録を行っています。

特許庁へ商標出願をするには、
「どのような商標を登録したいのか」、「その商標をどの商品やサービスに使いたいのか」
を記載した書類を提出する必要があります。

商標は登録されると、まずは10年間、その商標を独占できる強い権利となりますが、申請書類に書いた内容がベースとなります。
つまり、申請書類に記載する内容が、お客様の販売している商品や提供されているサービスと合っていない場合、いくら商標登録をしても、その商標登録は無駄なものになってしまうのです。

【事前相談サービス】

■ ご相談は無料!
お電話、メール、面談にて承っておりますので、お客様のご都合のよい方法をご指定ください。

■ 商標の専門家が直接ご相談を承ります!
商標についての専門知識をもち、企業での商標担当経験のあるプロの担当者が直接お話を伺います。

■ 商標制度についての疑問を解決することで、安心して登録手続きを進めることができます!

■ 弊所スタッフには、法律により守秘義務が課されています!
出願前の商標やお客様の情報について、外部に漏れることはございません。

inquiry


お客様のビジネスに合わせた商標登録のための『事前調査サービス』

商標調査を無料でご提供いたします

商標登録するには、特許庁の審査をパスする必要があります。
例えば、商品「アルミニウム」に「アルミ」、商品「シャツ」に「特別仕立」、商品「清酒」に「正宗」のような商標は、自分の商品と他人の商品を区別することができないため、登録を受けることができません。
類似の商標が登録されていなければ何でも登録できるというものではないのです。

ライトハウス国際特許事務所の「事前商標調査」では、
お客様の製品のネーミングやロゴマークなどについて、商標登録が認められるものなのかどうか、登録が認められる確率がどの程度あるのかを調査して、結果を報告書でご提出するとともに、商標の専門家が商標登録のためのアドバイスを行っています。

ライトハウス国際特許事務所では、
商標登録出願のご依頼をいただいた場合には、事前調査費用は無料とさせていただいております。

◆ 商標出願を行う前に商標調査を行い、商標登録の可能性について知ることで、
無駄な費用や時間をかけることなく、不安を解消することができます。

◆ 登録の可能性が低いという調査結果となってしまった場合
  → 登録の可能性を高めるためのアドバイスや代替案をご提案します!

【事前調査サービス】

■ 出願のご依頼をいただいた場合、調査費用は無料!
 ◆ライトハウス国際特許事務所での商標登録出願をご依頼いただいた場合、
  事前調査は無料で実施させていただきます。
 ◆良好な結果が得られず、別の商標を検討することになった場合でも、
  調査費用は無料でご対応いたします!

 ※ ただし、調査の結果、登録の可能性が7割(「やや高い」)以上にもかかわらず、お客様のご都合により
  出願を中止された場合は、調査料金(1商標20,000円)(税抜)をご請求申し上げます。

■ 商標の専門家が、しっかりと慎重に調査します!
  特許庁のデータベースのみの調査だけでなく、有料のデータベースからも調査を行います。
  有名商標に似ているものや一般的に使われているものなど、
  拒絶理由の対象にならないかどうか、過去の判例なども含めて、慎重に調査します。

■ 調査期間は3営業日
  商標登録の専門の担当者が一件一件の商標について、慎重に調査を行うため、
  調査期間には3営業日をいただいております。
  お急ぎの際は、速報をご連絡するなどで対応しております。

■ わかりやすい調査報告書
 ◆A4用紙1ページに、まとめた調査報告書をご提出
 ◆過去の審査例、他社の登録例などをまとめ、登録可能性の判断の根拠について丁寧に記載

■ 専門家による充実のアドバイス
 ◆登録の可能性が高くない場合でも、調査結果を踏まえ、
  お客様のビジネスにとってベストな商標登録をご提案いたします。

お客様のビジネスにとって大切な商標を保護するために、詳細に慎重に調査いたします!!

それでも拒絶となってしまった場合は、もう一件別の商標での出願を、出願時の手数料無償でいたします。
(特許庁への印紙代のみご負担いただきます)
inquiry

分かりやすい料金体系!予定外の費用はかかりません

安心で分かりやすい料金体系!!
料金でお客様を不安にさせません!

商標登録の流れ
弊所では料金体系も分かりやすいものとなっています。
商標登録出願をご依頼いただいた場合、

費用が発生するのは、
① 商標登録出願時(出願が完了した際)
② 商標登録時(登録料を納付した際)のみです。

商標登録を検討する際、多くのお客様が、特許事務所に商標登録を依頼すると料金体系がわかりにくく、次々と追加料金が発生するのでは?と不安に感じられている方が多いようです。
そして、何度も追加料金を支払った結果、登録を認められないという結果になってしまうと、目もあてられません。

そのようなお客様の不安を解消するべく、弊所では、特許庁の審査において、拒絶理由通知に対する意見書を提出した場合、
登録が認められた場合のみ、意見書作成料をご請求させていただいております。
※軽微な拒絶理由の場合は無料で対応いたします。

商標登録が認められなかった場合に、出願時の費用以外の追加の費用をご負担いただくことはございません。

⇒ 料金案内はコチラ

質の高い事前調査!

弊所では、商標出願をする前の事前調査に力をいれております。
事前調査をきちんとしないと商標が登録されるまでに、何度も料金が発生して、結果的に高額の費用がかかってしまうというお話をよく耳にします。

ライトハウス国際特許事務所では、
調査をした結果、出願をする前に、登録が認められる可能性が低いと判断された場合は、その旨をお客様にお伝えし、より登録が認められやすくなるようなご提案をさせていただいております。

こうして、多くの場合は、拒絶理由が通知されることなく、
登録が認められています。
また、拒絶理由が通知された場合でも、
豊富な経験を有する専門家が対応しますので、特許庁と何度もやり取りをすることなく、スピーディな登録ができます。

費用をご負担いただくのは、商標出願をする時と、商標登録が認められた時だけ。
予定外の費用がかからず、またリーズナブルに商標登録を受けることができると、
ご好評をいただいております。
inquiry

登録保証付きで安心

登録保証付!登録まで責任をもってサポートいたします

登録保証制度を採用しています
私たちは、商標を通して、お客様の事業を支援していきたいという思いで仕事に取り組んでおります。しかし、商標は登録して初めて権利が発生するもの。まずは商標登録しなければ、そのネーミングやロゴマークを保護することは難しくなります。
そこで、弊所では、確実に商標登録が実現できるよう、「登録保証制度」を採用することといたしました。

出願のご依頼をいただいた場合、しっかりと事前調査を行ったうえで商標出願を行いますが、万が一商標登録できなかった場合は、事務所手数料は無料でもう一件商標出願させていただきます(登録の可能性が低いとの調査結果の場合は除かせていただきます)。
もちろん、この場合の調査手数料についても無料です(印紙代についてのみご負担いただいております)。

「返金保証」は耳にすることがあるかと思いますが、商標登録をするためにご依頼いただいたのですから、「登録できなかったら返金して終わり」ではなく、商標登録が実現できるまで責任をもってサポートする、それが私たちの姿勢です。

登録後も安心!充実のアフターサービス

登録後の更新期限をお知らせ!

更新期限をお知らせします
5年分の登録料を納付した場合、約5年後の納付期限までに、特許庁に後期分の登録料を支払う必要があります。また、10年分の登録料を納付した場合は、約10年後の存続期間満了までに更新手続きを行う必要があります。

どちらの場合も、期限をすぎてしまうと商標権は消滅してしまいますので注意が必要です。
弊所にて出願、登録された場合は、納付期限、更新期限が近づきましたら、事前にご連絡いたします。
ご自身で期限管理をする必要がなくなりますので、安心して事業に専念いただけます。

更新期限をお知らせします

登録後の商標の使用の仕方についてアドバイスいたします!

商標は出願、登録して終わりというものではありません。商標は適切に使用し続けていくことで、お客様の信用が蓄積し、価値を増していくものです。その一方で、商標登録していても、その使い方を誤ってしまえば、逆に他社の商標権侵害に該当してしまう場合もあります。
そのようなケースを防ぐため、弊所で出願、登録いただいた方には、登録後に商標を使用する際の注意点や、マルアールの付け方等をまとめた小冊子をお配りしております。

さらに、ご希望に応じて、登録後の商標の使用の仕方が適切かどうか、商標が適切に保護できているかどうかの診断・アドバイスを行います。

ライトハウス国際特許事務所 アフターサービス5つの安心
inquiry

商標登録率96.6% 高い登録率を維持

96.6%の登録率があります!!

高い商標登録率を維持しています
弊所では、2008年から2013年までにした商標出願のうち、90%以上が登録となっております。
(※お客様の都合により、途中で中止したものを除く。)
貴社の商品やサービスを表示するための商標ですから、もう既に商標の使用を開始しているのに、やっぱり登録は認められませんでした、では、安心してお任せいただくことはできません。

弊所にて商標の登録率が高いのには、理由があります。専門家が他社の商標登録について事前の調査を行っています。

この事前の商標調査により、どのような理由で登録が認められない可能性があるかを明らかにし、どのように出願をすれば、商標登録の可能性が高まるかを検討しています。

これが弊所にて高い登録率を実現している理由の一つです。
たとえ、特許庁の審査において拒絶理由の通知を受けた場合であっても、高度な専門的知識とスキル、豊富な経験を有する専門家が、1件、1件担当しています。

拒絶理由への対応がまずければ、本来、権利になるべきものが、権利化できないことがありますが、弊所では、特許庁での審査傾向の把握や審査の基準を十分に把握したうえで、その対応にあたっており、高い登録率を維持しております。

サービス業・小売業に自信があります!

サービス業・小売業の業種に自信ありです!

サービス業・小売業の業種に自信ありです
弊所では、サービス業・小売業における商標登録を得意としております。

商標登録をするには、どの商品又はサービスについて権利化するのかを予め指定する必要があります。この商品、サービスの指定に問題があると、せっかく商標登録をしていても、漏れのある権利となり、安心してご商売を続けることはできません。

つまり、どんな商品、サービスを権利化するかでその商標登録の価値は決まります。
そして、商品・サービスを漏れなく権利化することで、初めて、安心して事業展開ができます。

特に、サービス業・小売業の商標登録には、特有の難しさがあります。
だからこそ、我々がお役に立てると考えております。
inquiry


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識