MENU

お客様のブランドをお守りします。商標登録出願で弁理士をお探しならライトハウス国際特許事務所[東京・千代田区]

受付時間:平日9:00〜18:00

03-5829-8082

無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • お問い合わせ

ブログ

書籍のタイトル-商標登録Q&Aシリーズ

  • by ライトハウス国際特許事務所 / 2015.09.30
  • Facebool

これらはすべて登録商標なのですが、共通点は何でしょう?

・7つの習慣(登録第4191831号)フランクリン コヴィー カンパニー
・永遠の0\エイエンノゼロ(登録第5692813号)株式会社太田出版
・伝え方が9割(登録第5722706号)株式会社 ダイヤモンド社、佐々木 圭一

 

「本のタイトル」です!

でも、書籍のタイトル(題号)は、一般に、商標登録できないとされています。
書籍の題号は、その書籍の内容を表すもので、出所や他社の商品を区別する役割は
ないと考えられているからです。

一方、新聞、雑誌等の定期刊行物の題号は、商標登録できるとされています。
新聞、雑誌は、違う内容のものが、同じ名前で繰り返し発行されるため、
題号が、商品を区別する役割を果たしていると考えられるからです。

書籍の題号でも、すぐにその内容がわかるようなものでなければ、登録になる
場合もあります。しかし、他の人が、登録した商標と同じタイトルの書籍を
販売したとしても、商標権の効力を及ぼすことは難しいと考えられています。

例えば「朝バナナ事件」(平成21年(ワ)第657号)。

「書籍,ムック」等について「朝バナナ」を商標登録している原告が、
「朝バナナダイエット成功のコツ40」の出版元を訴えた事件です。
裁判所では、「朝バナナ」の表示は、単に書籍の内容を示す題号の一部として
表示したものであるにすぎないため、商標権侵害とはいえないと判断されました。

とはいっても、無用な争いを避けるためにも、書籍を販売される際には、
そのタイトルが印刷物の分野で商標登録されていないかどうか、確認された方が
よいでしょう。

また、商標登録しておくことで、書籍のタイトルやキーとなる言葉が容易に
使われてしまうことを防ぐ、一定の効果はあると思われますので、できれば、
商標登録しておかれることをおすすめします。

PAGETOP