ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  物の一般的な名称は商標登録できるのか?

物の一般的な名称は商標登録できるのか?

【識別力】

例えば、「りんご」や「アップル」など、物の一般的な名称は商標登録できるでしょうか。

商標出願は、登録したい商標だけでなく、その商標を使用する商品やサービス(役務)を指定して、出願を行います。商標登録がされると、この指定した商品や役務(指定商品、指定役務といいます)について、商標権が発生します。

商標「アップル」でも登録できる場合と登録できない場合がある?!

例えば、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をした場合を考えてみます。

このような出願について商標登録を認めると、権利者以外のりんごの生産者や小売店が「りんご」について「アップル」と表示できなくなってしまいます。

これでは、他の人のまともな販売活動をじゃますることになりますから、妥当ではありません。ですから、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をしても、商標登録は認められません。

次に、別のケースを考えてみます。
例えば、商標「アップル」について、指定商品を「電子計算機」として出願をした場合、このような出願について商標登録を認めたとしても、権利者以外のりんごの生産者や小売店が「りんご」について「アップル」と表示できなくなるということはありません。商標登録が認められたとしても、りんごの生産者が困ることはありません。

ですから、この場合は、商標登録が認められます。実際に、アップル社は、商標「APPLE」について指定商品「電子計算機」で、商標登録が認められています(商標登録第1758671号)。

一般的な名称を使用しても登録が認められる場合とは?!

上のことからもわかるように、「りんご」や「アップル」など、物の一般的な名称が商標登録されるかどうかは、指定商品・指定役務との関係で決まってきます。

出願した商標が、指定商品・指定役務の一般的な名称や略称と同じものである場合は、商標登録は認められません。一方、出願した商標が「アップル」などの一般的な名称であっても、指定商品が「電子計算機」など全く異なる場合であれば、商標登録が認められます。

ただし、指定商品・指定役務の一般的な名称や略称を使用した商標でも、商標登録が認められる場合があります。例えば、指定商品が「りんご」である場合について、考えてみます。

 ■「○○○アップル」といったように、特徴的な単語「○○○」を前後に追加
  することで、登録が認められる可能性がでてきます。
  ただし、「○○○」が「おいしい」、「スーパー」などの品質を表すような
  ものである場合、「青森」などの地名を表すようなものである場合は、通常、
  商標登録は認められません。

 ■「アップル」の文字を大きく変化させてロゴ化した場合、登録が認められる
  ことがあります。

 ■「アップル」の文字に特徴的なロゴを追加することで、登録が認められる
  ことがあります。
  追加するロゴが、△や□のように一般的によく用いられる記号の場合は、
  通常、登録は認められません。

お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識