MENU

商標登録出願で弁理士をお探しならライトハウス国際特許事務所[東京・千代田区]

受付時間:平日9:00〜18:00

03-5829-8082

無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • お問い合わせ

商標登録の基礎知識

物の一般的な名称は商標登録できるのか?

例えば、「りんご」や「アップル」など、物の一般的な名称は商標登録できるでしょうか。

 

商標出願は、登録したい商標だけでなく、その商標を使用する商品やサービス(役務)を指定して、出願を行います。商標登録がされると、この指定した商品や役務(指定商品、指定役務といいます)について、商標権が発生します。

商標「アップル」でも登録できる場合と登録できない場合がある?!

例えば、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をした場合を考えてみます。

 

このような出願について商標登録を認めると、権利者以外のりんごの生産者や小売店が「りんご」について「アップル」と表示できなくなってしまいます。

 

これでは、他の人のまともな販売活動をじゃますることになりますから、妥当ではありません。ですから、商標「アップル」について、指定商品を「りんご」として出願をしても、商標登録は認められません。

 

次に、別のケースを考えてみます。

例えば、商標「アップル」について、指定商品を「電子計算機」として出願をした場合、このような出願について商標登録を認めたとしても、権利者以外のりんごの生産者や小売店が「りんご」について「アップル」と表示できなくなるということはありません。商標登録が認められたとしても、りんごの生産者が困ることはありません。

 

ですから、この場合は、商標登録が認められます。実際に、アップル社は、商標「APPLE」について指定商品「電子計算機」で、商標登録が認められています(商標登録第1758671号)。

一般的な名称を使用しても登録が認められる場合とは?

上のことからもわかるように、「りんご」や「アップル」など、物の一般的な名称が商標登録されるかどうかは、指定商品・指定役務との関係で決まってきます。

 

出願した商標が、指定商品・指定役務の一般的な名称や略称と同じものである場合は、商標登録は認められません。一方、出願した商標が「アップル」などの一般的な名称であっても、指定商品が「電子計算機」など全く異なる場合であれば、商標登録が認められます。

 

ただし、指定商品・指定役務の一般的な名称や略称を使用した商標でも、商標登録が認められる場合があります。例えば、指定商品が「りんご」である場合について、考えてみます。

 

  • 「○○○アップル」といったように、特徴的な単語「○○○」を前後に追加することで、登録が認められる可能性がでてきます。

    ただし、「○○○」が「おいしい」、「スーパー」などの品質を表すようなものである場合、「青森」などの地名を表すようなものである場合は、通常、商標登録は認められません。

     

  • 「アップル」の文字を大きく変化させてロゴ化した場合、登録が認められることがあります。

     

  • 「アップル」の文字に特徴的なロゴを追加することで、登録が認められることがあります。

    追加するロゴが、△や□のように一般的によく用いられる記号の場合は、通常、登録は認められません。

初めての商標登録でご不安な方も、
弊所の経験豊富な専門家が最後までサポート致します

こんなことで迷ったら、
まずはお気軽にご相談ください

  • 商標登録のメリットがわからない
  • 商標登録って、すんなり許可されるの?
  • 費用って、どれくらいかかるの?

03-5829-8082

受付時間:
平日9:00〜18:00

無料相談・お問い合わせ

PAGETOP