ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  識別力とは?

識別力とは?

【識別力】

商標を出願すれば、どのような商標でも商標登録が認められるわけではありません。

商標登録が認められるためには、その商標が他の商品と識別することができることが
要件の一つとなります。

これを識別力と言います。


識別力がないと商標登録が認められない?

具体的には、以下のような商標は識別力がないとして、商標登録が認められない
と判断されるものと思われます。

①指定商品・指定役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する商標

 例えば、商標「アップル」を指定商品「りんご」について出願をした場合が
 これに該当します。


②指定商品・指定役務について慣用されている商標

 例えば、商標「正宗」を指定商品「清酒」について出願をした場合がこれに
 該当します。


③指定商品の産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、形状、生産方法、使用方法、
 生産時期、使用時期、その他の特徴、数量、価格を普通に用いられる方法で表示する商標

  • 例えば、指定商品「りんご」について、
  • 商標「青森」(産地・販売地)、
  • 商標「おいしい」(品質)、
  • 商標「食用」(用途)、
  • 商標「丸い」(形状)、
  • 商標「有機栽培」(生産方法)、
  • 商標「冬」(生産時期)、
  • 商標「赤い」(その他特徴)、
  • 商標「100円」(価格)

などで出願した場合が、これに該当する可能性があります。


④指定役務の提供場所、質、役務の提供の際に用いられる物、効能、用途、態様、提供の方法、
 提供の時期、その他の特徴、数量、価格を普通に用いられる方法で表示する商標

  • 例えば、指定役務「宿泊施設の提供」について、
  • 商標「東京」(提供場所)、
  • 商標「ラグジュアリー」(質)、
  • 商標「アメニティ」(役務の提供の際に用いられる物)、
  • 商標「修学旅行」(用途)、
  • 商標「夏休み」(提供の時期)、
  • 商標「限定5組」(数量)、
  • 商標「半額」(価格)、

などで出願した場合が、これに該当する可能性があります。


⑤ありふれた氏又は名称を普通に用いられる方法で表示する商標

 例えば、商標「佐藤」、商標「鈴木」など、同じ氏が多数存在するもので出願した場合
 がこれに該当します。

 また、ありふれた氏と、「工業」、「製薬」、「放送」などの業種名、「商店」、
 「商会」、「製作所」など商号や屋号に慣用的に付される用語との組み合わせによる商標
 (例えば「佐藤工業」、「佐藤商店」など)も、これに該当するとされています。

 さらには、「日本」、「東京」、「薩摩」などの著名な地理的名称と、業種名、商号や屋号
 に慣用的に付される用語との組み合わせによる商標(例えば「日本工業」、「東京商店」など)
 もこれに該当するとされています。


⑥極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標

 例えば、数字のみからなる商標、アルファベットの1字又は2字のみからなる商標、
 三角形や丸などの簡単な図形のみからなる商標などが、これに該当します


①~⑥であげたもののほかでも、需要者が何人かの業務に係る商品・役務であることを
認識することができないと判断され、商標登録が認められないものもあります。


まとめ

上で書きましたように、ここであげられた商標は、いずれも商標登録が認められない例ですが、

  • これらの文字に特徴的な単語を追加した場合、
  • これらの文字を大きく変化させてロゴ化した場合、
  • これらの文字とは別に特徴的なロゴを追加した場合
  • などは、商標登録を認められることがあります。



ただし、気をつけなくてはいけないのは、商標登録をすることが目的化してはいけない
ということです。

「使用したい商標があるから商標登録をする」のではなく、
「商標登録をしたいから出願する商標を決める」のでは本末転倒です。

商標は、顧客に対して商品のイメージを伝えることのできる最も便利な手段です。

ですから、商標は、顧客に対して何らかのメッセージを伝えるものであることが大前提となります。


商標登録は、ビジネスを円滑に運営していくための一つの手段にすぎませんので、
「皆さんの使用したい商標が登録できるのか?」ということを確認するために、
上で述べたようなルールを活用していただきたいです。


お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識