ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  ネーミングのつけ方 「東京ばなな」ではなく「東京ばな奈」となっているわけ

ネーミングのつけ方 「東京ばなな」ではなく「東京ばな奈」となっているわけ

【識別力】

この仕事をしていると、商品やサービスの内容をそのまま表すようなネーミングで、商標登録をしたい、というご依頼をよくいただきます。

例えば、相続関連のビジネスに、「相続コンサルティング」みたいな、ド直球のネーミングで商標登録をしたい、といったようなご依頼です。

お気持ちはよく分かるのですが、残念ながら、このようなド直球のネーミングは商標登録することができません。
商標法では、商品・サービスの普通名称(例えば「りんご」)や品質(例えば「甘い」)、産地(例えば「東京」)をそのまま表示するような商標は登録を認めない、とされています。

商品の内容をあらわすようなネーミングを独占できれば、ビジネスを有利に進めることができるわけですが、そんなに甘くはありません。

でも、まったく方法がないわけでもありません。

商品・サービスの内容が伝わるようなもので、商標登録が認められやすいようなネーミングの付け方があります。比較的、簡単にできる方法を2つご紹介します。


1.擬人化

例えば、「東京ばな奈」。

「東京ばなな」の場合、地名+普通名称ですので、商標登録は認められません。
「ばなな」を「ばな奈」と女性の名前にすることで、普通名称をそのまま表示するものではなく、商標登録が認められています。

「東京ばな奈」としても、東京名物のバナナ風味のお菓子というイメージは伝わります。


別の例として、「ガリガリ君」もあります。

小学生のころ、はじめて「ガリガリ君」を食べましたが、「こんなにおいしいアイスキャンディを食べたのは初めて!」と感動したことを覚えています。
「ガリガリ」というのは、アイスを食べたときの食感。

「ガリガリ君」とすることで、アイスを食べた時の食感を伝えることができますし、「君」付けなので、一番の消費者層である小学生にも親しみがわくようなネーミングになっています。


その他にも、「どん兵衛」、「勘定奉行」なんかもそうですよね。
擬人化の方法としては、「東京ばな奈」や「どん兵衛」みたいに人の名前のように変形させる方法と、「ガリガリ君」や「勘定奉行」のように敬称や肩書などをくっつける方法がありそうです。


2.語呂よく変形

例えば、「熱さまシート」。
熱を冷ますシートのネーミングです。
「熱を冷ますシート」を商標出願すると、商品の内容をそのまま表すものとして、登録は認められないでしょう。

「熱を冷ますシート」の一部を語呂よく省略して「熱さまシート」とすることで、商品の内容を伝えることができつつ、登録も認められるようになります。


「アスクル」もそうですね。
「明日に届く」では、サービスの内容をそのまま表すものとして登録は認められません。
「明日に届く」を「あす来る」に変形し、さらに「アスクル」と変形したものです。


コーヒーの「ブレンディ」も、「ブレンド」を変形したものです。
変形の方法としては、「熱さまシート」のように一部を省略したり、「ブレンディ」のように語尾を変形させたりする方法がありそうです。


このように、商品の普通名称や品質などをもとに、擬人化や語呂の良い変形をすることで、商品やサービスの内容をお客さんに伝えることができ、商標登録が認められやすくなるだけでなく、他にもメリットがあります。

  • ■ 商品の普通名称や品質そのままだと無機質ですが、擬人化したり、
      変形したりすることで、親しみやすさを付加することができます。
  • ■ ネーミングにひねりが加わっているので、インパクトもあり、
      独創的なものとして覚えられやすい。

と、ここまで書いてきましたが、どこまで変形すれば登録になるか、或いは、登録にならないかの判断は、難しくもあります。

また、一見、商品の内容をずばり表すものなので登録できなさそうだなぁ、と思われるものでも、登録が認められる場合があります。

このような判断は、法律や制度を知っているだけでできるものではなく、商標実務の経験が豊富で、且つ、言葉に対する鋭い感覚や論理的思考力が要求されます。

ですから、商標についてのご経験の少ない方は、上のようなことを理解したうえで、弁理士などの専門家にご相談いただくと良いかと思います。

お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識