ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  どのような場合に不使用取消審判を活用するか?

どのような場合に不使用取消審判を活用するか?

【異議申立て・審判】

不使用取消審判とは?

不使用取消審判は、継続して3年以上、日本国内において、商標権者または商標権者からライセンスを受けた者が、登録商標を使用していない場合に、誰でも、使用していない指定商品・指定役務についての商標登録の取消しを請求することができるものです。

不使用取消審判が請求されると、
審判の請求があったことが商標登録の原簿に登録されるのですが、
審判において商標登録の取消しが確定すると、審判の請求の登録の日に、商標権が消滅したものとして取り扱われます。


不使用取消審判を活用する場合とは?

不使用取消審判は、どのような場合に活用することができるでしょうか。

①すでに自社で使用している商標と、同一又は類似する商標について、
 商標登録されていることが分かった場合
  • すでに自社で使用している商標と、同一又は類似する登録商標が存在する場合、
    自社の商標を使用すると、他社の登録商標についての商標権侵害となりますし、
    当然、自社の商標について商標登録することもできません。
  • かといって、すでに自社で使用しているので、お客さんにも認知されていて、
    商標を変更したくない、といったような場合に、この登録商標が使用されている
    形跡がなければ、不使用取消審判を請求するのも、対応策の1つとして考えられます。
  • 不使用取消審判において、商標登録を取消すことが確定すると、
    自社の商標を使用しても商標権侵害の問題にはなりませんし、
    自社の商標について商標登録することも可能となります。


②これから自社で使用を予定している商標と、同一又は類似する商標について、
 商標登録されていることが分かった場合
  • これから自社で使用を予定している商標と、同一又は類似する登録商標が存在する場合、
    自社でこの商標を使用すると、他社の登録商標についての商標権侵害となりますし、
    当然、自社の商標について商標登録することもできません。
  • この場合は、①の場合と異なり、すでに自社で使用しているわけではありませんので、
    できれば、予定していた商標の使用はあきらめて、
    違う商標を使用することを検討した方がよいかと思います。
  • 何か特別な事情があって、どうしても予定していた商標を使用したい、
    或いは、使用しないといけないといった場合にだけ、不使用取消審判を活用するとよいのかもしれません。

お問合せはこちら



< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識