ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  拒絶査定不服審判

拒絶査定不服審判

【異議申立て・審判】


拒絶査定不服審判とは?

商標出願をすると、その後、特許庁の審査官により、商標登録を認めるべきものかについての審査が行われます。

審査の結果、商標出願の内容に拒絶理由があると審査官が判断した場合は、出願人に拒絶理由が通知され、意見書を提出する機会が与えられます。

審査官が意見書の内容を考慮に入れたとしても、拒絶理由が解消されていないと判断した場合は、商標登録を認めることができないという拒絶査定が発行されることになります。

拒絶査定が発行されると、商標登録を認められる可能性がゼロになるというわけではありません。

拒絶査定の謄本の送達がされてから3ヶ月以内であれば、拒絶査定不服審判を請求することができます。

拒絶査定不服審判を請求した結果、拒絶理由がないと判断された場合は、商標登録が認められることになります。

なお、拒絶査定の謄本の送達がされてから3ヶ月以内に、拒絶査定不服審判を請求しない場合は、拒絶査定が確定することになります。


拒絶査定不服審判を請求した場合、どれくらい登録が認められる?

特許庁の統計によれば、2015年の拒絶査定不服審判の請求件数は、853件です。

853件の審判請求がなされ、
588件が成立(つまり商標登録が認められる)、
306件が不成立(つまり商標登録が認められない)、
13件が審判の取下げ・放棄となっているようです。

拒絶査定がだされたものすべてについて拒絶査定不服審判が請求されているわけではありませんから、拒絶査定が出されたものの中でも、商標登録が認められる可能性が高そうなものが、審判請求されているかとは思いますが、

拒絶査定不服審判を請求したもののうち約7割が、最終的に、商標登録が認められているようです。


拒絶査定不服審判を請求した場合、どれくらいの時間がかかる?

特許庁の統計によれば、拒絶査定不服審判の平均の審理期間は、
2013年で6.6ヶ月、
2014年で7.9ヶ月、
2015年で7.1ヶ月 となっています。

仮に、商標出願をしてから約半年で拒絶査定がだされたとすると、拒絶査定不服審判の最終的な結果がでるのは、
商標出願から1年以上、経過した後になりそうです。

なお、少しでも早く商標登録をしたい、という場合は、
早期審理の申請をすることもできます。

早期審理の申請をすることで、通常は、6~7ヶ月かかる審理期間を、2~3ヶ月程度にまで短縮することができるようです。


拒絶査定不服審判を請求した結果

商標登録を認める旨の審決がだされた場合は、
審決の謄本が送達されてから30日以内に登録料を納付することで、商標権が発生することになります。

一方、請求を認めない旨の審決がだされた場合は、
審決の謄本が送達されてから30日以内であれば、東京高等裁判所へ訴えを提起することができます。

お問合せはこちら



< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識