ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  商標の機能とは

商標の機能とは

【商標とは?】

商標には、次の4つの機能があると言われています。

自他商品等識別機能

自他商品等識別機能とは、自社の商品・サービスと、他社の商品・サービスとを区別する機能です。

同じ種類の商品でも、独自のネーミングを使用することで、他社の商品と区別することが可能となります。

例えば、ノートパソコンでも、「dynabook」、「Let's NOTE」、「ThinkPad」、「LAVIE」、「VAIO」など、各メーカーが独自のネーミングを採用しており、各社の商品を区別することができます。

一方、リンゴについて「アップル」という商標を表示しても、
「アップル」という単語がリンゴを意味するものであることは、多くの人が認識していますので、他の人が提供するリンゴと区別することはできません。

日本の商標制度では、商標法第3条にて、自他商品等識別機能を有しない商標については商標登録を認めないことが規定されています。

自他商品等識別機能があってはじめて、出所表示機能、品質保証機能、広告宣伝機能なども派生して機能するようになります。

出所表示機能

出所表示機能は、商品・役務の出所を表示する機能です。

ノートパソコンについて、
「dynabook」を販売しているのは東芝、
「Let's NOTE」を販売しているはパナソニック
といったように、商標をみれば、どこの会社が提供している商品・サービスであるかをすぐに把握することができます。

このように商標は、同じ商標が使用された商品・サービスについて、誰が提供するものであるかという、商品・役務の出所を表示する機能を有しています。

品質保証機能

品質保証機能は、同じ商標が使用された商品は同じ品質であり、
同じ商標が使用されたサービスは同じ質であることを、
需要者(消費者や取引者)に対して保証する機能
です。

例えば、ノートパソコンの「Let's NOTE」であれば、軽量で、バッテリーが長持ちする、といったイメージが一般にあるかと思います。

つまり、商品に「Let's NOTE」という商標が使用されることで、その商品が軽量で、バッテリーが長持ち、といったような品質を有することを、消費者に対して保証することができます。

広告宣伝機能

広告宣伝機能は、商品・サービスを広告・宣伝する機能です。

商標は、ネーミングや図柄などからなる標識ですから、商品やサービスのシンボルとしての役割を果たします。

商品を購入したり、サービスの提供を受けた人は、シンボルとしての商標を通じて、その商品やサービスの素晴らしさを記憶しますし、また、それを他の人に伝えます。

また、未だ商品を購入していない人、サービスの提供を受けていない人の場合でも、新聞やテレビCMなどの広告を視ることで、シンボルとしての商標を通じて、その商品やサービスから良い印象を受けることがあります。

このように、商標は、商品・サービスの素晴らしさを人に印象づける際のシンボルとしての役割を果たすことで、商品・サービスの広告・宣伝に寄与するものと言えます。

お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識