ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  類似群コードについて

類似群コードについて

【商品・役務の区分・類似群コード】

類似群コードとは?

商標権は、商標とその商標を使用する商品・役務(サービス)との組み合わせで一つの権利となります。

ですから、商標出願をする際には、願書に、商標を記載するだけでなく、その商標を使用する商品・役務も指定する必要があります。


ところで、商標法では、他人の登録商標と同一又は類似する商標であって、その他人の商標登録についての指定商品・指定役務と同一又は類似する商品・役務について使用するものについては、商標登録を受けることができない、と定められています(商標法第4条第1項第11号)。

つまり、他社の登録商標と類似しているかどうかだけでなく、指定商品・指定役務が類似しているかについても、審査では考慮されます


特許庁では、この商品・役務が類似しているかどうかの判断のために、商品・役務をグルーピングして、同じグループに属する商品群・役務群を、類似する商品・役務であると推定する、という運用をしています。

商品の場合であれば、生産部門、販売部門の同一性、原材料、品質の同一性等を考慮し、役務(サービス)の場合であれば、提供手段、目的又は場所の同一性、需要者の範囲の同一性等を考慮して、グルーピングしています。

このグループに、数字とアルファベットからなる5桁のコードが付されており、これを類似群コードといいます。


ですから、特許庁の審査では、同じ類似群コードが付された商品・役務は、相互に類似する商品・役務として取り扱われることになります。

例えば、「鉛筆」、「ボールペン」、「シャープペンシル」、「クレヨン」、「絵の具」、「インキ」などは、いずれも25B01という類似群コードが付されていますので、これらは相互に類似する商品として扱われます。


類似群コードをどうやって調べる?

どの商品・役務が、どの類似群コードに含まれているかは、特許庁が公表している「類似商品・役務審査基準」で確認することができます。

類似商品・役務審査基準

また、特許庁の運営するJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)の「商品・役務名検索」で検索することも可能です。

商品・役務名検索


商品・役務検索(トップ画面1)


区分と類似群コードの関係

区分と類似群コードは、異なるものです。

同じ区分でも、類似群コードが同じものもあれば、異なる場合もあります。
ですから、同じ区分の商品であっても、類似する商品もあれば、類似しない商品もあります。

  • 【例1】
  • ・ 30類 「茶」    29A01
  • ・ 30類 「コーヒー」 29B01
  • ・ 30類 「ココア」  29B01
  • ・ 30類 「菓子」   30A01
  • ・ 30類 「パン」   30A01
  • ・ 30類 「みそ」   31A01
  • ・ 30類 「しょうゆ」 31A02

また、類似群コードが同じものでも、異なる区分になることもあります。
ですから、区分が異なっていても、商品が類似することもあります。

  • 【例2】
  • ・  6類 「金庫」   20A01
  • ・ 14類 「宝石箱」  20A01
  • ・ 19類 「障子」   20A01
  • ・ 20類 「家具」   20A01


お問合せはこちら



< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識