ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  類似群コードを調べる方法

類似群コードを調べる方法

【商品・役務の区分・類似群コード】

類似群コードとは?

商標法では、他人の登録商標と同一又は類似する商標であって、その他人の商標登録についての指定商品・指定役務と同一又は類似する商品・役務について使用するものについては、商標登録を受けることができない、と定められています(商標法第4条第1項第11号)。

特許庁では、この商品・役務が類似しているかどうかの判断のために、商品・役務をグルーピングして、同じグループに属する商品群・役務群を、類似する商品・役務であると推定する、という運用をしています。

このグループに、数字とアルファベットからなる5桁のコードが付されており、これを類似群コードといいます。

類似群コードを調べる方法

それでは、指定したい商品や役務の類似群コードを調べるには、どうすればよいでしょうか。

お薦めなのは、特許庁の運営するJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)の「商品・役務名検索」で検索する方法です。

商品・役務名検索


商品・役務検索(トップ画面1)


「商品・役務名」の欄に、お目当ての商品・役務の名称を入力し、「検索」ボタンをクリックすると、入力したキーワードを含む商品名・役務名が、区分とともに、一覧で表示されます。

商品・役務検索(入力)

例えば、「商品・役務名」の欄に、「ネクタイ」と入力して検索すると

  • 区分  商品・役務名(日本語) 商品・役務名(英語) 類似群コード
  • 14   ネクタイピン      Tie clips     21A02
  • 14   ネクタイ止め      Tie clips     21A02
  • 25   ネクタイ        Neckties     17A04

のように表示されます。


商品・役務検索(検索結果一覧 例-ネクタイ)

区分の下に表示されている数字が、その商品・役務が属する区分で、
類似群コードの下に表示されている5桁の記号が、その商品・役務の類似群コードになります。

このように、「商品・役務名検索」のページを利用すると、お目当ての商品・役務の類似群コードを、比較的、簡便に調べることができます。


お問合せはこちら



< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識