ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標登録を検討する時に知っておきたい費用について

商標登録を検討する時に知っておきたい費用について

 出願から商標登録までの手続きの流れは、次のようになっています。
 その中で、実際にかかる費用をご説明します。

ライトハウス国際特許事務所では、
『商標出願をする時』と、『商標登録が認められた時』のみに費用をご負担いただいております。

料金面で不安にさせません

商標出願から商標登録までの手続きの流れとその費用

商標登録の流れ

1. 商標調査

商標出願をする場合、まず始めに「その商標が登録が可能なものであるかどうか」を、調査する必要があります。

自社の商標が、他社の登録商標と同じか、または、類似している場合、自社の商標の商標登録が認められなくなる可能性があります。

また、自社の商標が商品やサービスの品質を表すなど、ありふれたものである場合、登録は認められません。

商標検索・商標調査を行うことで、そのようなリスクがないかについて検討します。
本当に必要な商品・サービスで安心して商標登録をするためには、商標調査は欠かすことができません。

ライトハウス国際特許事務所では、
商標出願をする前の商標調査に力をいれており、経験豊富な専任の弁理士が、お客様のサービスや事業形態を把握し、お客様のビジネスにとって大切な商標を保護するために、詳細に慎重に調査いたします。

調査をした結果、出願をする前に、登録が認められる可能性が低いと判断された場合は、その旨をお客様にお伝えし、より商標登録が認められやすくなるようなご提案をさせていただいております。

ライトハウス国際特許事務所にて商標出願をされた場合、その商標についての商標調査費用は、ご請求いたしません。

また、商標調査のみご希望のお客様は、1商標1区分につき、20,000円(税抜)にて承っております。

商標専任の弁理士が、しっかりと調査をいたしますので、商標調査のみであっても安心してお任せください。


2. 出願書類の作成

特許庁に商標出願をするために、形式に沿った出願書類を作成します。

3. 特許庁へ商標出願

商標出願時には、出願のための特許印紙による費用が発生します。

また、特許事務所に出願手続きを依頼している場合、特許庁に支払う費用とは別に、
特許事務所の出願手数料が発生するのが一般的です。

**特許庁の印紙代は、区分数に応じて決まっているため、事務所によって異なることはありません。

ライトハウス国際特許事務所では、商標出願時に初めて費用が発生いたします。
この際に、商標出願のための特許印紙代と事務所手数料を併せてご請求いたします。


4-1. 特許庁による審査

商標登録が認められるためには、特許庁の審査官による審査を受ける必要があります。

日本では、多くの場合、特許庁に商標出願がされてから半年弱で、審査の結果が通知されます。

審査の結果、何の問題もなく登録を認めてもよいと審査官が判断した場合は、登録査定が発送されます。

一方、登録を認めることができない理由があると審査官が判断した場合は、拒絶理由の通知がされます。

4-2. 特許庁による審査

拒絶理由通知が発送された場合でも、審査官に対して、意見書で説明、補正書で出願の内容を変更することで、
再度、審査が行われ、商標登録が認められることがあります。

ライトハウス国際特許事務所では、商標出願の前にしっかりと調査をするため、
多くの場合は、拒絶理由が通知されることなく、登録が認められています。

また、拒絶理由が通知された場合でも、豊富な経験を有する専門家が対応し、
特許庁と何度もやり取りをすることのない、スピーディな登録に努めています。

拒絶理由通知に対する意見書を提出した場合は、
意見書作成料として、難易度に応じて、30,000円~70,000円(税抜)を
商標登録時に加算してご請求させていただいております。

※軽微な拒絶理由の場合は無料で対応しております

また、万が一、意見書を提出しても商標登録が認められなかった場合は、
意見書の作成費用についてご負担いただくことはありません。


5. 登録査定

特許庁の審査官による審査の結果、商標登録を認めてもよいと判断された場合は、登録査定が発送されます。

6. 登録料を特許庁へ納付

登録査定が発送されると、発送の日から30日以内に、登録料を納付する必要があります。

登録料を期限内に納付することで、出願をしていた商標が登録され、商標権が発生します。


特許事務所に出願手続きを依頼している場合は、特許庁に支払う費用とは別に、
特許事務所の登録手数料や成功謝金が発生するのが一般的です。

ライトハウス国際特許事務所にて商標出願をされ、無事に商標登録となった際は、登録料の納付に必要な特許印紙代と事務所手数料を併せてご請求いたします。


ライトハウス国際特許事務所の商標出願・登録時の料金表

一般的に商標登録にかかる費用は、特許庁に払う費用(印紙代)と、特許事務所に払う費用を
合わせたものになります。

また、商標権は、商標とその商標を使用する商品・サービスとの組み合わせで一つの権利となります。
ですから、商標出願をする際には、願書に、商標を記載するだけでなく、
その商標を使用する商品・役務(サービス)も指定する必要があります。
この商標を使用する商品・サービスについて、分類したものが「区分」です。

 ⇒ 商標の「区分」とは

商品・サービスは1区分だけでなく、複数の区分について出願をすることが可能です。
出願する区分の数によって、特許庁費用は決められており、事務所手数料も異なるのが一般的です。
事務所手数料については、弊所でもそうですが、区分数が増えると、
1区分あたりの費用割合は安価になる傾向にあります。


商標出願から登録までの費用

ライトハウス国際特許事務所にて、商標出願をする場合出願から登録までの費用は、
次のようになります。

区分数 出願時費用 登録時費用 合計
(税抜)
特許庁手数料
(特許印紙代)
弊所手数料
(税抜)
特許庁手数料
(特許印紙代)
弊所手数料
(税抜)
1区分 12,000円 50,000円 16,400円
(分割 5年分)
20,000円 98,400円
(分割 5年分)
28,200円
(一括 10年分)
110,200円
(一括 10年分)
2区分 20,600円 70,000円 32,800円
(分割 5年分)
30,000円 153,400円
(分割 5年分)
56,400円
(一括 10年分)
177,000円
(一括 10年分)
追加区分
(3区分目から 
 1区分につき)
+8,600円 +20,000円 +16,400円
(分割 5年分)
+5,000円 +50,000円
(分割 5年分)
+28,200円
(一括 10年分)
+61,800円
(一括 10年分)


■登録料の分割納付について

商標の登録料は通常、10年分の登録料を一括で納付しますが、5年分ずつ2回に分けて
納付することもできます。これが分割納付です。


オプションとなる手続きの費用

下記の手続を追加でご依頼いた場合には、これらの費用を出願時・登録時の費用に併せて
ご請求いたします。

項目 特許庁手数料
(特許印紙代)
弊所手数料
(税抜)
早期審査 不要 20,000円
使用の意思確認 不要 不要
意見書提出(反論) 不要 30,000~70,000円
住所変更(出願中) 不要 12,000円
名義変更(出願中) 4,200円 20,000円
住所変更(登録後) 1,000円 20,000円
名義変更(登録後) 30,000円 40,000円
登録料納付(分納後期分) 16,400円/区分 10,000円
更新登録申請(10年分) 38,800円/区分 30,000円
更新登録申請(5年分) 22,600円/区分 30,000円

■住所変更、名義変更は、それぞれ出願中と登録後で特許庁への提出書類などの手続が異なります。

 ⇒ 出願人の名義変更について

■更新登録申請について

商標権の存続期間は、商標登録の日から10年間になります。
ただし、登録日から10年を経過する前に、特許庁に更新登録料を支払えば、
さらに10年間、商標権を維持することができます。

 ⇒ 商標権の存続期間について


 
inquiry


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識