ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  「ドメイン」は商標登録をする必要があるか

「ドメイン」は商標登録をする必要があるか

【その他 商標関連】

ドメイン名と商標の違い

ドメイン名は、ネットワーク上のコンピュータを識別するために用いられる名称です。

例えば、「○○○.com」、「○○○.co.jp」といったようなものです。

本ウェブサイトであれば、「lhpat-tm.com」です。


一方、商標は、例えば、提供する商品・役務が自社のものであることを示すために、商品やその包装に付したり、役務を提供する際に用いられるものに付したりするものです。

例えば、役務が「宿泊施設の提供」の場合であれば、宿泊した人が使用するスリッパなどにロゴなどが付されます。

ドメイン名を、そのまま商標として使用しているケースは、あまりないようです。


ドメイン名の商標登録は必要?

このドメイン名ですが、商標登録をする必要があるでしょうか。

結論から申し上げますと、ドメイン名が、商品・役務を提供する際に、商標として用いられる場合は商標登録をした方がよく、ドメイン名が、商品・役務を提供する際に、商標として用いられない場合は、商標登録する必要はないように思います。

例えば、「価格.com」という有名な価格比較サイトがあります。
ドメイン名は、「ドメイン名は、「kakaku.com」です。

このサイトは、ウェブサイトの名称が「価格.com」ですので、「消費者のための商品購入に関する助言と情報の提供」という役務を提供する際に、商標として「価格.com」を使用していると言えます。

本サイトを運営している、カカクコム社は、「価格.com」だけでなく、「kakaku.com」でも商標登録をしています。


このように、ドメイン名を、ウェブサイトの名称として採用している場合は、ドメイン名を商標登録する必要性はあります。

一方、ドメイン名をウェブサイトの名称として使用しておらず、その他の商品・役務の名称としても使用していない場合は、ドメイン名を商標登録することによるメリットもなく、商標登録しないことによるデメリットもないように思います。


上の事例では、「○○○.com」といったように、「.com」を含めたドメイン名について商標登録をする必要があるかについてのお話しですが、「○○○」の部分(例えば、本ウェブサイトの場合であれば、「lhpat-tm」の部分)については、商標登録をする必要があるでしょうか。


これも結論は同じで、ドメイン名中の「○○○」の部分が、商品・役務を提供する際に、商標として用いられる場合は商標登録をした方がよく、「○○○」の部分が、商品・役務を提供する際に、商標として用いられない場合は、商標登録する必要はないでしょう。


お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識