MENU

商標登録出願で弁理士をお探しならライトハウス国際特許事務所[東京・千代田区]

受付時間:平日9:00〜18:00

03-5829-8082

無料相談・お問い合わせ

  • 資料請求
  • お問い合わせ

商標登録の基礎知識

全角と半角のどちらで出願をする?

全角と半角のどちらで商標登録をした方が良い?

アルファベットからなる商標について、全角と半角のどちらで商標登録をした方が良いでしょうか。

 

例えば、「ABC」と「ABC」のどちらで商標登録をした方が良いでしょうか?

結論から申し上げますと、「ABC」で商標登録をしても、「ABC」で商標登録をしても、商標登録の可能性も、権利範囲の広さも、大きな違いはないと考えられます

 

ですから、実際に使用する頻度が高い方で、商標登録されると良いでしょう。

 

仮に、「ABC」と全角で商標登録をした場合、他社が「ABC」と半角で商標出願をしたとしても、他社の「ABC」は商標登録が認められませんし、他社が「ABC」を商標として使用した場合、自社の「ABC」の商標登録をもとに、商標権侵害だと主張することができます。

逆に、自社で「ABC」と半角で商標登録をした場合でも、同じことが言えます。

 

ですから、全角と半角のどちらで商標登録をしたとしても、その効果に、それほど大きな違いはないと考えられます。

 

ただし、特許庁に出願する際には、全角の場合は、「標準文字」として商標出願することができますが、半角の場合は、「標準文字」として商標出願をすることはできません。

 

「標準文字」として登録を受けたい場合は、全角で商標出願されることをおすすめします。

初めての商標登録でご不安な方も、
弊所の経験豊富な専門家が最後までサポート致します

こんなことで迷ったら、
まずはお気軽にご相談ください

  • 商標登録のメリットがわからない
  • 商標登録って、すんなり許可されるの?
  • 費用って、どれくらいかかるの?

03-5829-8082

受付時間:
平日9:00〜18:00

無料相談・お問い合わせ

PAGETOP