ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  大文字と小文字のどちらで商標の出願をする?

大文字と小文字のどちらで商標の出願をする?

【その他 商標関連】

大文字と小文字のどちらで商標登録をした方がよい?

アルファベットからなる商標について、
大文字と小文字のどちらで商標登録をした方がよいのか?というご質問をいただくことがあります。

例えば、「ABC」と「abc」のどちらで商標登録をした方がよいのか?
というご質問です。

結論を申し上げますと、
「ABC」で商標登録をしても、「abc」で商標登録をしても、大きな違いはありませんので、
実際にどちらで使用することが多いのかで、決めればよい、ということになります。



実際に「ABC」と大文字で使用することが多いのであれば、「ABC」で商標登録をすればよいし、
「abc」と小文字で使用することが多いのであれば、「abc」で商標登録をすればよいと思います。

仮に「ABC」と大文字で商標登録をした場合、他社が「abc」と小文字で商標出願をしたとしても、
他社の「abc」の商標登録は認められませんし、

他社が「abc」を商標として使用した場合、自社の「ABC」の商標登録をもとに、
商標権侵害だと主張することができます。



「abc」と小文字で商標登録をした場合でも、同じことが言えます。

他社が「ABC」と大文字で商標出願をしたとしても、商標登録は認められませんし、
他社が「ABC」を商標として使用した場合、自社の「abc」の商標登録をもとに、
商標権侵害だと主張することができます。



ですから、大文字と小文字のどちらで商標登録をしたとしても特に区別もなく、
その効果も特に違いはない、ということになります。


大文字の与えるイメージと、小文字の与えるイメージ

なお、大文字と小文字のどちらを商標として採用するかですが、
大文字は重厚なイメージ、小文字はそれよりも軽く、かわいいイメージでとらえられやすいと思います。

ですから、どちらのイメージをもってもらいたいかに応じて、
大文字の商標を採用するか、小文字の商標を採用するかを選択してもよいかと思います。


お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識