ネーミング、ロゴ、ブランドを商標登録で最適に保護いたします

HOME >  商標の知識 >  全角と半角のどちらで出願をする?

全角と半角のどちらで出願をする?

【その他 商標関連】

全角と半角のどちらで商標登録をした方がよい?

アルファベットからなる商標について、全角と半角のどちらで商標登録をした方がよいでしょうか。


例えば、「ABC」と「ABC」のどちらで商標登録をした方がよいでしょうか?

結論を申し上げますと、
「ABC」で商標登録をしても、「ABC」で商標登録をしても、
商標登録の可能性も、権利範囲の広さも、大きな違いはないと考えられます。

ですから、実際に使用する頻度が高い方で、商標登録されるとよいでしょう。

仮に「ABC」と全角で商標登録をした場合、他社が「ABC」と半角で商標出願をしたとしても、
他社の「ABC」は商標登録が認められませんし、他社が「ABC」を商標として使用した場合、
自社の「ABC」の商標登録をもとに、商標権侵害だと主張することができます。

逆に、自社で「ABC」と半角で商標登録をした場合でも、同じことが言えます。

ですから、全角と半角のどちらで商標登録をしたとしても、
その効果に、それほど大きな違いはない
、と考えられます。


ただ、特許庁に出願する際には、
全角の場合は、「標準文字」として商標出願することができますが、
半角の場合は、「標準文字」として商標出願をすることはできません。

「標準文字」として登録を受けたい場合は、全角で商標出願されることをおすすめします。


お問合せはこちら


< 商標出願をご検討の方へ > 
  • 商標出願は、登録できればよい、というものではありません。自社のネーミングやロゴ、ブランドを最適に保護するためには、文字、図形のどちらで出願するか、指定商品や指定役務を何にするか、審査官からの拒絶理由通知にどのように反論するかなど、対応方法がきわめて重要となります。
  • 商標出願をご検討の場合は、トップページをご確認のうえ、弊所へご相談ください。

< 注目の人気記事 > 

< 商標にまつわる知識 > 
初めて商標登録をされる方への基礎知識から、商標登録における身近なお話までをまとめています。
商標登録の基本
商標の判決シリーズ
身近な商標のお話
商標のQ&A
商標にまつわるトラブル
商標に関するさまざまな知識